23
2月

育毛剤とは

Comments Off

男性、女性問わず、髪の毛が薄くなってくるというのは、見た目が年老いて見えるようになってくるため、とても気にすることの1つになっています。

もし自分が薄毛を感じ始めたら、何をしますか?

おそらく多くの方が、まずは市販の育毛剤を試してみると回答するのではないでしょうか。

では、育毛剤とはいったいどのような働きを持っていて、どのようなもののことを言うのでしょうか。

一般的に育毛剤という場合、暗黙の了解として理解しあっていることは、抜け毛を防いでくれて、発毛を促すための働きをしてくれるものということです。

それに伴って、フケやかゆみを抑えて頭皮状態をよくしてくれ、毛根を元気にして血行促進を図ることで、養毛効果にも期待を持ちます。

では、育毛剤、発毛剤、養毛剤とそれぞれ種類がありますが、この3つの違いは何か、わかりますか?

まず、育毛剤という場合、その字の通り、毛を育てるというものです。

つまり、毛髪が成長するのを助けるためのものという意味です。

発毛剤もその字を見ればわかるように、新しく毛が生えてくるのを助けるというものです。

具体的には、毛母細胞という毛髪が生えてくるもととなる細胞を活発に働くよう促し、毛髪が抜け落ちた後でも新しい毛髪が生えてくるようにする働きをします。

一方で養毛剤は、毛を養うためのものです。

今ある毛が抜けないように脱毛の防止をし、毛髪を保護する働きがあります。

こうしてみると、それぞれに働きが違うことがわかりますね。

もし薄毛が気になったら、今自分にとって必要なものはなんなのか考えてみると良いでしょう。

ネットを検索すれば薄毛や抜け毛に関する情報サイト(http://www.angfa-store.jp/brand/br_lp_hair_step)が見つかりますので、そうしたサイトを参考に様々な視点からご自身の髪の状態について考え、その上で適した育毛剤を選ぶようにしましょう。

Comments are closed.